解約するには

そもそも解約は可能なの?

完済していれば解約することは可能です。

 

*完済とは借りていたお金をすべて返して、借入残高が0になることです。

 

*解約とはライフティと交わした契約を解除することを意味します。

 

1円でも残高があって完済していないと解約することはできません。
1000円未満の端数には利息が発生しないのでついつい見落としがちですが、
解約するためには完全に返済しないといけないということは覚えておきましょう。

 

 

完済か解約か

消費者金融にしろ銀行のカードローンにしろ、お金が必要な時は重宝してカードローンを使いますが、
ある程度お金のやりくりの目処がたったのなら、契約を解除したいと思う人も出てくるでしょう。
ライフティで現在借入をしている人が、ライフティの解約をするのはカンタンです。
解約する場合には、そのメリットやデメリットについてよく理解したうえで解約手続きをする必要があります。
もしデメリットを多く感じているのであれば、とりあえず完済するものの解約はしないようにしたほうがベターな事もあります。
完済した場合は必ずしも解約しないといけないわけではありません。
完済して借金がない状態なら、契約はそのまま有効にした状態にキープしていても特に費用が発生するわけではないので、別段困ることもありません。

解約するデメリットとは
キャッシングを完済すると、もうカードローンに頼らないようにと解約する人は少なくありません。
現在の収入が安定しており、もうライフティに頼らなくても充分やって行けるほどの金銭的な余裕ができれば解約を考えてもいいでしょう。

 

しかし解約した後にまた借入をしたくなった場合、また最初から審査を受け直さなければなりません。
前回審査に通ったからといって再び審査に通る保証はありませんし、急いでお金が必要な場合でも時間がかかってしまいます。
しばらくライフティを利用しないと考えていても、もしもの時のために解約せずにカードを持っておくのも1つの手です。
ライフティは年会費などはありませんので、返済が完了しているか、あるいは借入残高1,000円未満なら、利子もかからず損をすることはありません。

 

 

 

解約手続き

 

ライフティをはじめ消費者金融は、借りていたお金を完済したからといって自動的に解約となるわけではありません。
完済=解約ではないのです。解約するためには自分で手続きを行う必要があります。
メリット・デメリットをよく考えて解約することにしたのなら手続きを行いましょう。

 

電話をする
お客様窓口 0570-200-206
解約したい旨を伝える
→オペレータの指示に従い手続き開始
→解約

 

これだけの作業なので、解約はシンプルに行えます。

 

ライフティとの契約は本人が手続きを行うか、トラブルが生じてライフティ側が強制解約を行わない限り継続されます。

 

ただくどいようですが、解約するかどうかは慎重に決めましょう。
特に現在の適用金利が引き下げてもらった年率であるとか、増額させてもらっているといった時は特にそうです。

 

 

ライフティで解約したらまた借りられる?

ではもしライフティを解約した場合、再契約することは可能でしょうか?
この点については特に断言はできません。ただもし大きな問題がなければ、申し込みをして再び審査を受け、ライフティ側が問題なしと判断すれば再び借りられるようにはなると思われます。
ただしライフティを解約した後に年収が著しく下がったとか、信用情報に大きなブラック情報が付いてしまった、ライフティ側から解約された、総量規制に引っ掛かっているという場合では借入できるかどうかは疑問です。
ライフティは借入しやすい業者であるとは言われますが、信用性や返済能力が低いのであれば、あえてリスクを冒して貸してくれると考えにくいのは事実です。
ですから再契約の可否は状況しだいといったところです。